DIARY MYFC日記

静岡県女子リーグ1部 振り返り

一昨日の静岡大成高校戦をもちまして、ルクレMYFCのレギュラーシーズンが終わりました。6月18日に開幕し、途中で2ヶ月の中断期間を挟むなど、6ヶ月にわたる長いシーズンを戦い抜き、ルクレMYFCは9戦全勝という、最高の成績でシーズンを終えることができました。
また、9試合で全57点を決め、失点はわずか2点でした。
よって、シーズンを通しての得失点差は55と、圧倒的な成績を残しております。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-19-16-30-05



ちなみに、1位の後は勝ち点19のチームが3チームならんでいるものの、得失点差により、アスレジーナの2位が確定。3位に桐陽高校、4位には東海大翔洋高校が入りました。

それでは、もう少し詳しいシーズンの内容を見ていきましょう!

%e3%83%ab%e3%82%af%e3%83%ac%e5%be%97%e7%82%b9%e8%80%85
得点者を見ると、引田ちひろ選手と小田巻遥選手がともに12得点を決め、リーグ全体の得点ランキング1位に君臨しています。
9試合で12得点なので、1試合ごとの得点数は1.33となります。
単純計算で、必ず毎試合最低1点は決めている、ということになりますね!
小田巻選手は島田プリンセス戦と静岡大成高校戦で、ハットトリックを達成。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a
引田選手も富士見FCガイア戦と磐田北高校戦でハットトリックを記録しております。

ai6p6015
この2人でチームの全得点の42%を稼ぎました!

また、注目したいのは9試合で4得点を決めた中野みづき選手です。
みづき選手のポジションはセンターバックであるにも関わらず、ここまでおよそ2試合に1点のペースで得点を重ねてきました。
セットプレーでは圧倒的な存在感があるようです。

img_3665
守っては、 原田実歩選手と島田有季帆選手の両GKが許した失点は、9試合でわずか2でした。
ルクレMYFCの次の最少失点チームの失点数が6でしたので、2位のチームの3分の1しか失点していない、という計算になります。

ちなみに、ルクレMYFCは創立3年目を迎えましたが、静岡中西部リーグで戦った初年度、静岡県リーグ2部で戦った昨年から、今まで黒星がついたことがありません。
そうです、ルクレMYFCは未だにリーグ戦において負けたことがないのです!!
この無敗伝説を自信に変え、2月5日に行われる東海リーグチャレンジ戦でも快進撃を続けてほしいです!

ここまで簡単にルクレMYFCの今シーズンを振り返ってきました。
選手の皆さん、全勝優勝おめでとうございます!
この勢いのまま、東海リーグチャレンジ戦でも2連勝をかざり、3年連続昇格を成し遂げましょう!

Let’s Go MYFC!!


ページトップ