ニュース

新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。

昨年も藤枝MYFCに多大なるご支援・ご声援をいただき、誠にありがとうございました。

トップチームは、昨年の「明治安田生命J3リーグ」3年目におきまして、2期目となる大石監督のもと「藤枝MYFCスタイルのサッカーを確立し、優勝する」2年目の挑戦を始めました。
選手が成長し、チームが躍動するサッカースタイルでありますが、時間の掛かる取組みであり、優勝まである程度の年数を覚悟して本格的に取り組みだした2015シーズンからの継続の2016シーズンでした。

選手人件費、クラブ予算がJ3ワースト2位であり、より一層のクラブとしての努力が必要ですが、現状に決して嘆くことなく、皆が一丸となってシーズンを戦い抜き、結果16チーム中7位で終えることができました。

特にホームゲームでは15試合中11勝1分3敗とリーグでも上位の成績を残し、多くの観客の方々に楽しんで頂けたと感じています。

またJ3初年度に頂いたフェアプレー賞を再び頂けたことは、クラブの行動規範である「真摯たれ」を体現するためにも毎年受賞しなくてはならないものでありますが、嬉しいことでした。

本年は大石監督の3期目のシーズンとなり、一昨年からのサッカーの継続とより深い追求を行っていきます。

会社としても、まだかなり脆弱ではありますが、あらゆる指標が右肩上がりで伸びている中で、今月末に8期目が終了致します。
改めまして多くの支援者に心より感謝致します。

本年も引き続きクラブ・会社基盤を粛々と強化していきます。

そして、昨シーズンの結果から昇格の光がまだかすかですが見えてきたとも感じています。
J2ライセンスを取得するには、観客数と何よりスタジアムのJ2基準への適応が必要となります。

早期に適応の動きが起こるよう私たちも最大の努力を致しますが、皆さまにもより多くのご支援、応援の程、何卒宜しくお願い致します。

皆様のご健勝とご発展を祈念致しまして新年のご挨拶とさせて頂きます。

2017年元旦
株式会社藤枝MYFC
代表取締役 小山淳


ページトップ