クラブ/選手

代表挨拶

DSCF7407

株式会社藤枝MYFC代表取締役 小山淳

株式会社藤枝MYFCは2009年7月に「咲かせようスマイル つなげようスポーツで」という理念をもとに、“スポーツを通じて笑顔の花があふれる社会をつくる”との強い思い、使命感のもと創設致しました。

そのためには私たちが日本のスポーツ産業におけるリーディングカンパニーになり、グローバルで戦う企業にならなくてはならないと考え、スローガンを「私たちは真のスポーツマンシップを通してより良い社会を実現する革新的なグローバル企業を目指します」と決めました。

概念としての3つの柱は「教育」「夢」「都市(地域)」を連動させながら創造していく事業モデルをつくりました。

「教育」は、“スポーツを通じた豊かな人間性”を育み、将来(何の分野においても)“「日本を代表する人材」を育成する”ためのスポーツ教育事業です。
現在私たちスクールには毎週3800名以上の子供たちが通学してくれています。
良い教育には良い社員づくりから。6年前には0人だったスクール事業ですが、現在80人以上の正社員が日々自己の成長のためにも勉強しています。
日本で最も素晴らしい先生がいる、最も多くの子供たちが通学する組織にしていきます。

「夢」は、地域の方々、そして何より子どもたちに「夢は叶う」ことを私たちが現実に成し遂げることによって希望を持ってもらいたい。そのためにもトップチームの頂点を極めます。
男子はJ1優勝、女子はなでしこ1部優勝です。
試行錯誤を繰り返しながら諦めずに挑戦し、一人でも多くの方に勇気を共有して頂きたいと考えています。
今私たちのトップチームは創設5年という異例のスピードでJリーグ入り(J3)ができ3シーズン目となります。女子トップチームは2年前から新設し最下部である8部からの挑戦が始まりました。

「都市(地域)」は、スポーツクラブを核に地域を開発していきます。
都市(地域)を開発するためには都市(地域)を知る必要があります。
現在376社の株主と140社以上のパートナーシップを結び多くの縁作りが順調に行われています。
ここ数年は縁作りのみならず地域の企業とのコラボレーションによってあらゆる業種での付加価値の増大、コラボ企業の収益拡大、結果消費者へのサービス向上が数多くできるようになってきました。
今後も縁と創造性を増やし、イギリスのサッカー文化(120年以上続く地域スポーツクラブがその地域を物心共々豊かにしている)のように日本にもその文化を根付かせるべく様々なことにトライしていきます。

「日本をスポーツで変える企業になる」と日本を代表する大学が創業3年目の私たちに株主として参画してくれました。
とても多くの方々の期待を背負っています。
その期待を現実にかえるため、世のため人のため、真摯に歩んでいきます。
どうぞ宜しくお願い致します。

代表小山のある一日(MYFC DIARY)


ページトップ