6/21 成岡アンバサダークリニックレポート

成岡アンバサダー参加レポート 2020/06/23

6月21日(日)島田市内において、成岡翔アンバサダーによる小・中・高サッカー教室支援プロジェクト『ACADEMY 翔』を実施いたしました。

この取り組みは、平成30年3月、スポーツ庁が策定・公表した「運動部活動の在り方に関する総合的なガイドライン」をもとにホームタウン各市町がガイドラインに則った運動部活動の改革に取り組まれていることから、各市町教育委員会・中西部サッカー協会中学生部との連携のもと始動した活動です。

梅雨の合間の晴天。
会場となった島田市立第二中学校には市内中学校サッカー部に所属する生徒89名が集まり、成岡アンバサダーを中心に藤枝MYFCアカデミースタッフ、市内高校生ボランティアとともに1時間半のトレーニングで汗を流しました。

実施前の打ち合わせ: 

開校式:

はじめは緊張した様子でしたが、コーチの声かけに積極的なドリブルにチャレンジする姿が見えてきました。


協力し助け合いながらパスを回し、常に次のことを考えてパスすることをコーチングしました。徐々にボールが回りやすくなり生徒の意識に変化が見られました。

当日は昨シーズン成岡アンバサダーと共に藤枝MYFCにて現役を引退した養父雄仁コーチも参加しました。現在は女子チームルクレMYFC監督 兼 アカデミーコーチとして活躍しています。


閉校式:

開校式では緊張気味の様子でしたが、閉校式では進んで手を挙げ質問する姿に周りの生徒さんやコーチにも笑みがこぼれ会場が明るくなりました。

参加した生徒さんからは、「楽しかった!もっと上手くなりたい!」「普段と違う練習で難しいところもあったけど楽しかった!」「キープ力など自分に足りない点をこれから克服していきたい!」などのお声をいただきました。

成岡アンバサダーは、
「生まれ育った地元に何か還元したいと思っていました。基礎技術の向上や自立した選手の育成を目指していきたいと思います。」

と今後の活動に向けた意気込みを伝えました。

記念撮影:

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け当初の予定より遅れての始動ではありましたが、指導者の活動制限や地域における少子化・部員減少からトレーニングに支障が出ることを解決すべく クラブを活用いただく地域社会貢献活動として、この度スタートを切ることができました。

『ACADEMY 翔サッカークリニック』では、これからもJリーグ理念〜豊かなスポーツ文化の振興及び国民の心身の健全な発達への寄与〜を積極的に推進した取り組みを行ってまいります。

後援

島田市教育委員会様

協力

中西部サッカー協会様
島田市サッカー協会様
島田樟誠高等学校サッカー部様

この記事をシェアする