4/10 2021福祉支援プロジェクトをスタートしました

参加レポート 2021/04/14

4月10日(土)藤枝総合運動公園サッカー場において、2021シーズン第1回目となる福祉支援プロジェクトの活動を行いました。


本取り組みはホームタウン内の障がい者就労継続支援事業所と共に、プロスポーツの現場を通じて多くの人が社会で活躍できる環境を作り上げることを目的とし、パートナー企業様のご支援のもと2020シーズンよりスタートした取り組みです。

第1回目となる今回は焼津市内の5つの事業所より職員様を含む35名の方にご参加いただきました。

パートナー企業のトヨタユナイテッド静岡株式会社様は、実際の活動にもご一緒いただきました。

この日の活動内容はスタンドの座席拭きと消毒です。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、5,000席ある座席を清掃・消毒いただきました。

試合前には福祉支援プロジェクトスタートセレモニーを行い、パートナー企業代表者様、福祉事業所代表者様、そして事業所の所在する行政を代表し焼津市 下山晃司副市長にご参加いただきました。


ご支援ご協力いただきました皆様、ありがとうございました。
本プロジェクトは、今後開催する有観客のホームゲーム当日において6回程度の実施を予定しております。

これからも藤枝MYFCは社会課題や共通のテーマに、地域の人々・企業や団体・自治体・学校なとど連携し積極的に取り組んでまいります。

パートナー

明治安田生命静岡支社様/株式会社村上開明堂様/トヨタユナイテッド静岡株式会社様/株式会社マルフク様/有限会社ロード・ワン様/株式会社紅建通商様
※シーズン前半6回分

協力

焼津市健康福祉部/焼津市内就労継続支援7事業所(4月14日現在)

障がい者就労支援プロジェクト概要

藤枝MYFCがホームタウン内の障がい者就労継続支援事業所・企画に賛同いただいたパートナー企業と共に、プロスポーツの現場を通じてあらゆる人が社会で活躍できる環境を作り上げる取り組みです。試合開催時に座席清掃・ゴミの分別回収・チラシ配布などの体験を通じて参加者の能動的な労働・就労意欲を喚起し、社会との交流を増やすことで社会参加の増進を積極的に支援します。同時に事業所の存在を周知することで、事業所利用者が自立した日常生活を送ることができる社会の構築の手助けにつながります。
事業所・企業・行政、そしてクラブの協同で実現する、社会参加の場の創出に伴う豊かな生活の実現に貢献するための活動です。

この記事をシェアする