8/25 成岡アンバサダークリニックレポート

成岡アンバサダー参加レポート 2020/09/04

8月25日(火)藤枝MYFCサッカー場において、成岡翔アンバサダーによる小・中・高サッカー教室支援プロジェクト『ACADEMY 翔』を実施いたしました。

この取り組みは、平成30年3月、スポーツ庁が策定・公表した「運動部活動の在り方に関する総合的なガイドライン」をもとにホームタウン各市町がガイドラインに則った運動部活動の改革に取り組まれていることから、各市町教育委員会・中西部サッカー協会中学生部との連携のもと始動した活動です。

会場には市内中学校サッカー部に所属する生徒28名が集まり、成岡アンバサダー・藤枝MYFCアカデミースタッフ 池田監督・養父コーチ・姫野コーチとともに1時間半のトレーニングを行いました。

開校式:

トレーニングの様子:

※クリックで拡大

成岡アンバサダーは自身の経験から正確なパスの大切さを伝えます。
細かな点は時間を止めて、生徒全員に語りかけ、みんなで考え実践していきます。

キーパーは、藤枝MYFC U-18の選手と一緒にGKコーチによるトレーニングを行いました。

パス練習を活かしたゲームでは、声を出すことを意識しゴールを狙います。
昨年まで藤枝MYFCの選手として成岡アンバサダーとともにプレーしていた養父コーチ(現:女子チーム ルクレMYFC監督・アカデミーコーチ)もゲームに入り声をかけサポートしました。

閉校式:

クリニックの最後には代表生徒よりお礼の言葉をいただきました。
「今日はありがとうございました。今日習ったことは、これからの練習に活かしていきたいと思います。」

これを受け成岡アンバサダーは
「今日行ったパス練習は正直面白くはなかったと思う…。でもあれこそが一番大事!単純だけれどミスなくできることで高校・大学・プロになった時に差が出る。遠藤保仁選手や中村憲剛選手は本当に素晴らしい!基礎がきちんとできて、楽しむこと、声を出すことがレベルアップに繋がると思う。これからのトレーニングで少しでも意識してくれたら嬉しいです。今日はありがとうございました。」
と伝えました。

『ACADEMY 翔サッカークリニック』では、これからもJリーグ理念〜豊かなスポーツ文化の振興及び国民の心身の健全な発達への寄与〜を積極的に推進した取り組みを行ってまいります。

後援

焼津市教育委員会様

協力

中西部サッカー協会様
焼津市サッカー協会様

この記事をシェアする